肝斑飲み薬トラネキサム酸効果

妊娠で肝斑に

 

妊娠をすると、女性の身体は全体的に変化するのをご存知でしょうか?

 

これは妊娠時に起こる「つわり」という症状なのですが、妊娠期間を終えると不思議なくらい無くなってしまいます。

 

「つわり」といった身体の内部の変化以外にも、実は身体の外側にも変化があります。

 

いつも気にしていない位肌が敏感になったり、シミや肝斑といった症状が出ることです。

 

特に肝斑というシミの一種は、更年期近くになると現れることが多いのですが、妊娠期間中にも目立つ顔の部分に現れてしまうんです。

 

つまり、肝斑の原因は女性ホルモンに影響をしているからなんですね。

 

妊娠期間中は女性ホルモンがいつも以上に活発になっていてますし、ホルモンバランスが人によってばらばらなんです。

 

毎月のサイクルがない妊娠期間中ですので、簡単に言い換えれば更年期に近い状態となる訳です。そのため、肌へのダメージや敏感さが強調されシミや肝斑となって現れるんです。

 

しかし、妊娠期間中に出来たシミや肝斑は、出産後徐々に消えることが多いので、安心して下さいね。

 

ただ、妊娠期間中の紫外線対策は絶対に忘れない事。

 

意識するだけで、出来にくくなったり出産後の回復も早いと言われています。

 

妊娠期間中の肝斑は、出産することで回復傾向にあるのでご安心を!!