肝斑レーザートーニング効果

肝斑レーザートーニング

肝斑を無くすには、どのような方法で解決できるのでしょうか?

 

内服薬が出回ったりもしますが、やはりシミや肝斑を直接目立たなくするには、
レーザーレーザトレーニング療法も効果があると言われています。

 

最近では、サロン技術も進歩してきていて施術も痛くなく、スピーディーに!
その上リスクも少ないとは言われていますが、どうなのでしょうか?
レーザートーニング療法の目的は、肝斑やシミ・くすみや毛穴の引き締めなどを目的にしています。

 

内容はと言うと、
〇治療頻度…週に1度ほど
〇施術方法…レーザートーニングという方法で、低出力レーザーを患部に照射
〇施術時間…だいたい1回10分ほど

 

気になるレーザートーニングの副作用というのは、低出力なため、目的部分のみに照射され周りの皮膚にはダメージがかかりません。つまり刺激が少ないという事とほとんど副作用もないと言われています。(嬉しい)

 

しかし、これは一般論です。肌の質や体質によっては、肝斑に上手く照射出来なかったり、副作用をおこす場合も無きにしも非ずなのです。

 

まずはしっかりカウンセリングや副作用が出るかもしれない場合の注意をしっかり呼びかけてくれるクリニックを探すことをオススメしたいです。

 

日々進化している技術とは言え、全て正解ということはやはり、難しいのかもしれない事もしっかり押さえておきたいことですね。

レーザートーニング療法副作用

気になるレーザートーニングの副作用というのは、低出力なため、目的部分のみに照射され周りの皮膚にはダメージがかかりません。つまり刺激が少ないという事とほとんど副作用もないと言われています。(嬉しい)

 

しかし、これは一般論です。肌の質や体質によっては、肝斑に上手く照射出来なかったり、副作用をおこす場合も無きにしも非ずなのです。

 

まずはしっかりカウンセリングや副作用が出るかもしれない場合の注意をしっかり呼びかけてくれるクリニックを探すことをオススメしたいです。

 

日々進化している技術とは言え、全て正解ということはやはり、難しいのかもしれない事もしっかり押さえておきたいことですね。