肝斑飲み薬ハイドロキノン効果

ハイドロキノン肝斑への効果

ハイドロキノンの副作用

 

 

 

ハイドロキノンは、塗り薬以外にも化粧品などに入っていることもあります。

 

ビタミンCをプラスすることでシミなどに効果を発揮するのですが、人によっては副作用という症状があると言われています。

 

よく言われるハイドロキノンの副作用は、メラノサイトに直接働きかけメラニン色素の生成を抑える成分がシミなどを薄くします。それにより赤くなったり肌荒れを起こす人もいるようです。

 

人によっては、ヒリヒリしたりかぶれたりの場合もあるので、敏感肌かもと思う方は、市販されているクリームを購入するよりか専門医に処方してもらうことをお勧めしたいです。

 

ハイドロキノンの副作用をまとめると
○赤くなったり、人によっては黄色くなる(化粧品などで)
○ヒリヒリ感が生じる
○かぶれたり、炎症をおこす(かなり重度)

 

副作用は、その方の体質や体調でも出るので注意は必要ですね。