肝斑トレチノイン効果

トレチノイン肝斑への効果

 

 

顔に出来るシミや色素沈着に効果があると言われている塗り薬で挙げられるのはハイドロキノンなのですが、最近ではトレチノインと併用することでシミ治療に効果があると分かってきたんです。

 

この軟膏には生理活性がビタミンAの約50倍から100倍と言われているビタミンA誘導体の種類に属しています。

 

色素沈着にはビタミンC誘導体が馴染み深いのですが、トレチノインとハイドロキノンを一緒に使うことで劇的に改善するのなら、とても嬉しいと思いますね。

 

その上、トレチノイン軟膏の特徴は古い角質を剥がし表皮角化細胞のターンオーバーと言われる行為を促進してくれるんです。

 

このような作用がが軟膏となって処方され、治療に用いられるのですが、時にはトレチノイン軟膏にも副作用という物があるので、しっかり把握して使用しないとダメなんです。
トレチノイン軟膏を使用すると、体の部分によっては効き目が強く出る所と弱く出る所があります。

 

つまり、強く出る部位(乳首・脇・へそ周り・陰部。肛門周囲)に使用すると肌に悪影響を及ぼすことがあるため使用してはいけません。

 

美容外科などで乳首に使用されることがありますが、その場合はトレチノイン軟膏の濃度を下げて使われているので副作用は少ないと言われています。

 

大きな副作用は、使う部位によって刺激があるかないかなので、市販されることはありません。必ず皮膚科医に相談して処方してもらいましょう。

トレチノイン副作用

トレチノイン軟膏にも時には副作用という物があるので、しっかり把握して使用しないとダメなんです。
トレチノイン軟膏を使用すると、体の部分によっては効き目が強く出る所と弱く出る所があります。

 

つまり、強く出る部位(乳首・脇・へそ周り・陰部。肛門周囲)に使用すると肌に悪影響を及ぼすことがあります。

 

美容外科などで乳首に使用されることがありますが、その場合はトレチノイン軟膏の濃度を下げて使われているので副作用は少ないと言われています。

 

大きな副作用は、使う部位によって刺激があるかないかに大きく左右されます。
トレチノインをハイドロキノンと併用する際には、
効果が高いからと言って高い濃度のものをいきなり使用するのではなく、
必ず低い濃度から試すようにしましょう!!