肝斑飲み薬トラネキサム酸効果

トラネキサム酸の肝斑への効果

全ての女性にという訳ではありませんが、30代から40代の女性に良く見られるという「肝斑」。

 

顔の頬や額などの左右対称に広がる薄茶色のシミで、とても目立ってしまい、女性にとっては厄介な症状です。

 

しかも、シミの種類の中でも治療がとても困難だと言われ、肝斑を専門にされているレーザー治療やトラネキサム酸という内服薬、ハイドロキノン・トレチノインという外用薬などを
上手に組み合わせて治療していくのが一般的です。

 

また、トラネキサム酸がなぜ肝斑効果に適しているのかと言えば、

 

抗炎症・抗アレルギーの効果に加え、湿疹やじんましん、扁桃炎(口内炎含む)などにも効果があるからです。

 

更に、
肝斑が出来る原因である女性ホルモンの乱れによる、プラスミンという物質が女性ホルモンの乱れにより分泌されるのを抑える効果があるんです。

 

シミや肝斑が出来て目立ってしまうからと言って、市販されている美白クリームや、塗り薬を使用するのも間違いではないのですが、まずはしっかり専門医に相談されその人に会うお薬を処方してもらうこと!

 

そして、肝斑は普通のシミとはちょっと違う厄介なシミだという事を覚えておくと良いかもしれませんね。

トラネキサム酸の副作用

一般的に言われているトラネキサム酸の副作用というのは、実は少ないと言われていて、
安心して服用することができるのですが、ただ一つ、トラネキサム酸に含まれている作用に「止血作用」という物があります。

 

「止血作用」の副作用には人によって、食欲不振・胸やけや嘔吐・眠気・発疹などが現れると言われています。

 

その時は、必ず薬剤師または専門医に相談されることをお勧めします。

 

また、肝斑を作らないためにも日頃からの食生活に気をつけたり、女性ホルモンの乱れによる原因が多いため、
大豆製品や女性ホルモンに似たサプリメントエクオールなども併用すると良いかもしれません。

 

トラネキサム酸 服用期間

 

最近良く耳にする、肝斑治療薬「トラネキサム酸」。
薬店などでもトラネキサム酸が配合された医薬品が目立ちます。

 

トラネキサム酸は、肝斑に特化していて普通のシミに使用するのはちょっと危険ということも分かってきました。

 

肝斑が出来る原因をしっかり把握したうえで服用期間や副作用なども知っておかなければならないと思います。

 

肝斑が出来る原因は、ホルモンバランスの乱れからと言われていて主に30代後半から40代、50代のプチ更年期と言われる世代から更年期までの女性に多いです。

 

そこで目だってしまう肝斑を治療するために開発されたのが「トラネキサム酸」という内服薬なんです。トラネキサム酸と併用して、ビタミンCや外用薬などもありますが、ある一定期間の服用期間でかなり回復するというのが話題でもあります。

 

その中でも、服用期間8週間でと唄っているのが、第一三共ヘルスケアから販売されている「トランシーノ2」という内服薬なんです。

 

服用期間中、1日2回でだいたい4週間から5週間くらいで効果が見られると言われていて、8週間服用で完治に近い状態が期待されるという物です。

 

ただ注意しなければならないのは、トラネキサム酸はビタミンCと同じように腎臓から排出されるため、長期間使用すると血栓ができるかもしれないんです。つまり、副作用の1つなのですが、腎臓などに病気がある方は特に注意が必要になって来ます。

 

何もない方でも服用期間2ヶ月、その後2ヶ月は休みまた2ヶ月の服用を勧めています。

 

薬店などで求めやすくはなっていますが、必ず服用期間、方法を守ることは頭に置いておきましょう。

トランシーノⅡ肝斑への効果

 

肝斑に効果のある成分トラネキサム酸を配合したお薬の代名詞は
トランシーノⅡです。

 

「トランシーノⅡ」はもともとの商品名が「トランシーノ」だったのですが再開発されたようでパッケージも瓶詰からシート式の錠剤になりました。
シートタイプで持ち運びが楽ですし、1日2回飲むだけ肝斑効果に優れているので、簡単に改善できるようです。

 

 

飲んだ方のデーターなのですが、スキントーン・カラースケール判定という効果基準によれば、
2週間後に薬30%、4週間後に63%、6週間後に74%、8週間後に85%の効果が期待された事が分かっています。

 

この8週間で服用する「トランシーノⅡ」の方法を最新の治療法として注目を浴びています。

 

まずは4週間から始めてみて、効果があればそれは肝斑だと思われます。
肝斑だと思い効果が現れないのは普通のシミかもしれませんので、チェックしておきましょう。